仕事が頭から離れない!?

江別にある蔦屋書店、雰囲気が最高です(^ν^)

スタバのコーヒー飲みながら、ソファで本を読むことかできます。

休日に来ているのに、ビジネス書ばっかり読んで、結局は仕事になっちゃうんですけどね。
仕事が好きというより、仕事以外の本を読んでいると「こんなことをしている場合か」ともう一人の自分が囁いてきて、結局はビジネス書コーナーに戻ってしまいます。
でも、正月休みのときだけ東野圭吾の「ラプラスの魔女」を読みました。
このときも「あっ、あれやってなかった!」「そういえば、あの件どう対処しよう・・」途中で仕事が頭をよぎり、何度も読むのを中断したので時間がかかりました。
目標に到達するまでは、頭の中が落ち着かないんだと思います^_^;
↓漠然と頭の片隅にある内容
・入居中の高齢者にどのように訪問介護サービスを紹介しようか。寂しくないようにボランティアやサークルを紹介しよう。
(ちょうど昨日、訪問介護事業者に介護サービスを受けるまでの流れを確認しました。サークルも発見したので、入居中の方に提案する予定です。)
・退去予定の方にアンケートをお願いしよう。アンケートの参考になる事例はあるかな?
・ネット集客が中心なので、ネットを利用しない高齢者に情報が行き渡らない。どのように宣伝しようか。(身寄りがない高齢者を受け入れる高齢者向け住宅が少ないので困っている方が多い。)
素敵なアイディアがある方は教えてください^ – ^