価値観を変えてくれた人

今日は仕事でちょいと疲れたので、ブログを更新します。
 
今から6年前くらいかな?
 
両親に、すっごい金額を送金していた時期で、昼は会社勤め、夜は水商売をしていました。
 
会社では、営業成績が良くて、これから昇進するところだったのに、、、夜の仕事が会社にバレて、クビになりました。
 
しばらく水商売1本で稼いだけど、
 
若くて綺麗な新人が入店してくると嫉妬と劣等感で悩まされるし、
 
トークが苦手でお酒に酔ってからじゃないと出勤できない日も多くて、本当に辛かったので、
 
完全歩合でいいから、どこかの不動産会社で名刺を持たせてもらえないかなぁと思うようになりました。
 
歩合でいっきに稼げれば水商売を卒業できるはず。 
 
 
そう思い、多くの不動産会社(買取再販会社)に履歴書を送りました。
 
結果は、反応なしか、「(完全歩合は社風が乱れるから)正社員ならすぐ雇う」という会社が何社かあったけど、両立は厳しいので断りました。
 
ほぼ断念しかけた時に
 
ダメもとで、mixiというSNSサイトの掲示板に書き込んだら、3人からぜひ会いたいという連絡があり、お会いしました。
 
前置きが長くなりましたが、そのうちの一人とお会いしたときの話です。
 
「私、月に40万円、親に送金しているんです。」
 
「40万円?僕なんか100万円以上送金してるよ。」
 
40万円という金額を出せば、誰もが驚くというのに、その方はあっさり否定してくれました。
 
否定されたことがあまりにも意外で、意外に思う自分も意外で、
 
 
私は同情を買いたかっただけなのかなと思うと、恥ずかしくなりました。
 
と同時に、必死にかき集めた金額が私は月40万円、その人は余裕がある上に月100万円以上を親に送金しているこの差が
 
40万円で満足している自分を、スケールが小さいと指摘しているようで、さらに恥ずかしくなりました。
 
何のために、親に送金しているのかを真剣に考えさせてくれるきっかけでした。
 
人の同情を買って偉いと言われたいのか、
 
それとも、本当に親を助けたいのか、
 
なぜ、神田うのは親に豪邸をプレゼントできるのに、私はできないんだろうとか、
(当時はパンスト御殿と話題になりました)
 
 
いろいろ考えさせられて、行き着いたのは、
 
 
親のためではなく、自分がそうしたいから、そうしているんだということに気づきました。
 
 
働かされているのと、働いているのとでは、モチベーションが違ってきます。
 
 
水商売は親のことがきっかけかもしれませんが、いつも真剣に仕事に取り組みました。
 
 
本棚には水商売に関する本はたくさんあるし、いつかスナックのオーナーにもなりたいと思うから、集客も勉強しました。
 
 
いつしか、「なんで夜仕事しているの?」とお客様に聞かれて、「親のためです」と言うことに違和感が残るようになっていて、自分でも驚いたほどです。
 
 
水商売を卒業して、今は不動産会社だけに勤務していますけど、
 
 
稼いだら、親には豪邸を建ててあげたいし、旅行にもいっぱい連れて行きたいし、ブランドものも
いっぱい買ってあげたいです!!!!!
 
 
なぜこの話をブログに書いたかというと
 
 
実は、その価値観を変えてくれた方が、先日facebookで友達申請をしてくれたのです。
 
 
その当時はタイミングが悪くて疎遠になりましたけど、久しぶりに、その当時のことを思い出して、懐かしくなりました。
 
 
ブログを書くって自分の思いを文章にすることなので、頭の中で考えていたことが整理され、意識や願望がはっきりしてきます。
 
 
疲れていたけど、ブログのおかげで仕事へのモチベーションが上がりました!!
 
 
親が生きている間に、親のために豪邸を建てなきゃ、自分が後悔する!!
仕事、がんばるで~
 

[PR]

札幌賃貸、保証人不要、保証会社不要、審査不要のお部屋、家具家電付きのお部屋をお部屋を紹介しています!

http://megumi-kikaku.com/