修造学園

出勤前にテレビを見ながら化粧をしていたところ、たまたまやっていたテレビ番組『修造学園』に感動して泣いてしまいました。

わがままで学校も休みがち、無気力で自分の殻に閉じこもりがちな小学校4年生の男の子ノリくんが、修造学園での厳しい試練を乗り越えて成長するお話です。

ノリくんが厳しい試練にくじけそうになったとき、松岡修造さんがノリくんに今どんな気持ちかを聞きました。

わがままで無気力なノリくんのことだから弱音を吐くのかなと思っていたのですが、ノリくんは下を向きながらもボソッと…
『自分と戦えてうれしい』
と答えたことに強い衝撃が走りました。

ノリくんは自分と戦えずに苦しんできたんですね(>_<)

自分と戦ったことのない人にとって、自分と戦えること、頑張れることはうれしいことなのだということを初めて知りました。

わたしは実家の金銭的な事情でいつも頑張らないといけない環境に置かれていて、時々辛いと感じたりします。

でも、この番組を見て、頑張ることを知っているだけでも幸せなんじゃないかなと思いました☆

確かに…

頑張った後のビールはおいしいですo(^-^)o

ビールでしめるんかいッ
(・_*)\ペチ